スポーツ男子を目指せ!

ある意味で、モテたいのであればスポーツを趣味とするのが一番手っ取り早いです。何か得意なスポーツが1つあれば、持たれる印象もかなり違ってきます。ただ、普段あまり運動して人がいきなり何かスポーツに挑戦する人にはかなり勇気が必要です。そこで今回は運動が苦手な人にもおすすめのスポーツをいくつか紹介していきます。

スポーツ男子はカッコイイ!

スポーツができてモテるのは子供のときまでとはよくいいますが、そんなことはありません。子供のときほどでないにせよ、大人になってもスポーツができる人は魅力的にうつります。実際、アンケート調査でも、大半の女性はスポーツを趣味とする男性に好印象を持つという結果が出ています。
さらにほとんどスポーツは、体をたくさん動かさなければならないので、ダイエットにもなります。まさに一石二鳥です。モテたいのであれば、何か1つのスポーツに取り組むとよいでしょう。

運動神経が悪いはただの言い訳

運動ができない、いわゆる運動神経、運動オンチと理由でスポーツを敬遠している人も多いでしょう。小さいときにスポーツができる人との差を痛感して、嫌になったという人もいるはずです。
だからといってスポーツは才能と決めつけ、自分には才能がないからといった理由でスポーツをしないのはただの言い訳で損をしています。確かにあるレベル以上になるとスポーツには、体格などの面から才能が必ず必要になります。実際、プロの選手になれる人などほんの一握りです。
ですが、趣味程度あれば、たとえ運動オンチとよばれる人でも、練習次第で選手として試合に出ることは十分に可能なことです。極論をいえば、競技やチームさえ選ばれなければ、誰もが選手になれます。

まずは自分のペースで楽しめるスポーツ

運動が苦手だった人が趣味スポーツを始めたいのであれば、自分のペースで行えるスポーツから始めることをおすすめします。球技などのチーム競技などのように、チームの足を引っ張ってしまうといった心配もありません。
登山、水泳、トライアスロン、マラソン、サイクリングなどがあります。いずれも自分のペースで始めることができるスポーツばかりです。自分にあったペースで無理なく続けられることができます。
他にも興味のあるスポーツがあるのならば、まずは行動にうつすことです。向き不向きはそのあとです。ただ、どのスポーツも地道に続けることで、ある程度は上手くなるということを知ってきましょう。

筋トレも忘れない!

全ての競技に共通していえることが体を鍛えるということです。中でも筋トレはパフォーマンス向上のためにも必ず行いましょう。
筋トレを行えば、体つきもよりたくましくなります。自宅でも筋トレはできますが、慣れてきたならばスポーツジムに通うとさらに効率よく体を鍛えることができます。
正しく行いさえすれば、週2日の筋トレでも十分な効果が期待できます。この際に注意しなければならないのは、当日、翌日と連続して筋トレを行わないことです。かえって筋肉の成長の妨げにもなりかねません。必ず2~3日の間を空けましょう。また、筋肉痛がひどいようであれば、さらに休めても構いません。鍛えることと同じくらい体を休めることも大切なことです。