男の色気を追求しよう!

本人は意識せずとも、どこか"色気"を漂わせている人がいます。色気は、手っ取り早く異性を惹きつける大事な要素ですので、男性も自然に出せたらいいと思いませんか? せっかくメンズエステを検討しているのですから、今回は"色気"をテーマにしてみましょう。意識して色気を醸し出すのは難しいものですが、チャレンジしてみる価値はあるかもしれませんよ。

そもそも"色気"って何だろう?

「あの人、色っぽいよね?」日常会話で頻繁に耳にするフレーズです。そもそも、色気とは何か考えたことはありますか? もちろん、男女で意味合いも変わるでしょうけど、ここでは"色気"とは何なのかを考えてみましょう。

まず、"色気"という言葉には、様々な意味があります。単純に"色=カラー"濃淡などに使われる時もあれば、欲望や野心などを示すときにも使われます。「お前は、色気よりも食い気だな…」という会話の中での"色気"は異性から見た印象を表し、性的な魅力があるのかないのかを評価した言葉と言えるでしょう。言い換えれば、恋愛対象なのか、そうでないかともいえるかもしれません。男性の色気と考えた時には、「恋人だったらいいな」とか、「一晩限りでもいいから一緒にいたい」など、LIKEではなくLOVEに成り得る対象なのかが"色気"ということですね。

色気のある人、無い人

色気のある女性芸能人を思い浮かべてくださいと言われると、きっと壇蜜さんや橋本まなみさんを想像するかもしれません。二人とも誘われたら断る男性はよっぽどいないはず…というほど"色気"がたっぷりですよね。または、売れっ子のグラビアアイドルなどの名前も挙がるかもしれません。男性で言えば、ワイルドな雰囲気の佐藤浩市さんや斎藤工さんに"男の色気"を感じる女性は多いのではないでしょうか。つまり、「抱いてみたい」・「抱かれたい」という、異性として特別に"性"を感じる対象とも言い換えられるでしょう。

実際にベッドをともにした後に、その勃起力のスゴさに、女性が男性に色気を感じる場合もあるかもしれません。普段の生活からはわからない部分ではありますが、もし「自分はEDかも…」と思う人であれば、専門医にバイアグラ錠を処方してもらうことで、色気を手に入れられることもあります。そんなバイアグラは、インターネットでも購入できるのですが、専門クリニックで処方してもらうのが安心。今は男性専門のクリニックもありますので、特有の"気まずさ"を感じずに済みます。

男性ホルモンは増やせるか?

興味のある異性に対しては、フェロモンを感じるものなのでしょうが、意識的に"男性ホルモン"を増やすことはできるのでしょうか? その答えはYESです。男性ホルモンを多く分泌できるかどうかは、生活習慣などにも深く関連してきます。男性ホルモンの分泌を減らさないためには、次の項目にあてはめて考えてみると今後のリスク管理にもなるでしょう。あなたはいくつ実践できそうですか?

【男性ホルモンを増やす生活習慣】
・ストレスを減らす
・筋トレを行う
・適正体重を維持する
・良質な睡眠をとる
・たばこをやめる

いかがでしょうか? 色気は決して女性だけのものではありませんので、「自分なんて…」と諦めずに、自分の色気を意識してみてはいかがですか? 男性の場合は、滲み出る自信が女性を惹きつけるのですから、まずは"今を堂々と生きる"ことから始めてみては?!

Copyright(c) 2018 メンズエステで自分改造 All Rights Reserved.