エステとは"癒し"だ!

毎日、朝早くから夜遅くまで働き詰めで、お疲れぎみではないですか? 時には、自分を癒す"エステ"を利用してみてはいかがでしょうか? 頑張って働いているのですから、時には自分にご褒美をあげてもバチなど当たりません。女性に限らず、頑張って働く男性たちにも"癒し"が必要です。ここでは、"エステという癒し"に焦点を当ててみます。

身体の声に耳を傾ける

最近流行りの、"癒し"とはいったい何を指しているのでしょう。そして、なぜこんなにまで"癒し関連の職業"が増えているのか、考えたことがありますか? ひと昔前は、一度就職すると、その会社に骨を埋める覚悟で働く人が多かったのですが、最近は転職を経験している人の方が多い時代になりました。その理由は、企業側の景気にも関係しており、不景気のあおりを受けた企業は、リストラなどの人件費削減を迫られ、残された人は、今まで通りの仕事量をこなし、朝から晩まで会社に尽力します。

気がついた時には、「最近、寝つきが悪い」「眠りたいのに、眠れない」などの症状が出始めます。自分の変化に気づければまだいいのですが、そのまま放置してしまう人も大勢います。真面目な人は、何故だろうと自分を責め続けてしまい、どんどんストレスを抱える結果に陥ります。そうならないためにも、日頃から自分自身の声を聞く耳を持つことが大切なのです。

見えない"毒"

癒しに強い関心を持つ度合は、どちらかと言えば女性の方が強いのかも知れません。しかしながら、実際には性別に関係なく癒しを必要としている人は、日本中、あるいは世界中に溢れているのです。子供のころに、虐待を受けた人は、いつまでも心に深い傷を持ち続けるだけでなく、人生の方向性すら変えてしまうこともあります。

原因は何にしろ、人はこの世に生まれた瞬間から、ストレスにさらされ続けます。そして、人生を終える瞬間まで、ストレスがない人はいないとも言えるでしょう。それなのに、人は自分自身を癒すことをいつも後回しにしてしまいます。お金がもったいない、そんなの贅沢だと勝手に決めつけ、見てみぬふりを続けてしまうのです。そうして、気づいた時には、どんな癒しの手段を使っても、どうにもならないほどの"見えない毒"を抱えてしまうのです。

エステは癒しだ!

自分が抱えているストレスとは、見えない存在――。生きていれば、嫌なことや辛いことが山のように降りかかってきますよね。昔はなかった"メンズエステ"がここまで定着したのは、男性も自分が癒されたいと無意識に感じている証拠なのかもしれません。

エステとは、何よりも自分自身のために行うもの。形には残らない"自分への投資が意外なほど、癒しには絶大な効果を発揮します。エステに行くのは、確かに贅沢なことだと感じる人も多いのですが、実は自分のケアこそ、一番後回しにしがちな最重要部分。「勿体ない……」という感覚こそ、自分を大切にしていない証なのです。

いかがでしたか?いつも自分のケアを一番後回しにしていませんでしたか? エステに行くのは少しためらうのであれば、身近な癒し処を探すのもおすすめ。ぜひ、日頃から自分を癒す習慣を身につけましょう!

Copyright(c) 2017 メンズエステで自分改造 All Rights Reserved.