ぱっちり二重は美男のデフォルト

人の印象は目で決まる、と言っても過言ではないでしょう。イケメンたちをよく観察してみてください。ほとんどが二重まぶたのはず。「やる気ないの?」と誤解までされてしまう一重まぶたを、プチ整形で卒業しませんか? 「目は口ほどに物を言う」…ことわざとは少し意味が違うかもしれませんが、他のパーツを圧倒して、目が人間の顔を大きく印象付けることは間違いないでしょう。 切れ長の一重が似合う人もいます。しかしイケメンと言えば、やはりぱっちり二重が基本形。思い切って「プチ整形」をして、あなたもイケメンの仲間入りをしてみませんか?

二重の整形なら【日本美容外科学会総会「新手術手法コンテスト会長賞」】【日本美容外科学会学術総会「日本美容外科医師会会長賞」】など実績のあるリッツ美容外科がおすすめです。
>男の目を二重に、眠そうな目をパッチリと|リッツ美容外科による男の美容整形

切るか、糸を通すか…二重まぶた手術

まぶたを二重にするのは、実に簡単な手術のようです。代表的な方法としては、「切開法」と「埋没法」の2つがあります。それぞれの長所と短所を紹介しておきましょう。

○「切開法」は確実
まぶたの上を数ミリ切開して、二重にする…これが文字通り「切開法」です。要するに傷を入れるわけなので、ほとんど元の状態に戻ることはありません。しかし、メスを使うため、「親からもらった体に…」という保守的な考えの持ち主にはおすすめできません。手術中には麻酔を使いますが、効果が切れると、多少の痛みは避けられません。

○日帰り可能な「埋没法」
まぶたの上に糸を通して二重にする「埋没法」はとてもスピーディーで、場合によっては日帰りも可能です。患部の腫れも少ないため、すぐに社会復帰することもできます。しかし、癒着が取れて一重に戻る可能性もなきにしも非ず。一回で確実な二重まぶたを手に入れたい人には、「切開法」の方がいいでしょう。

何も手術にこだわらずとも、アイプチという化粧品で二重まぶたに変身することもできます。迷いや抵抗がある方は、とりあえずメイクでごまかす、という手もアリでしょう。

一重まぶたによる悲しい誤解

まぶたがぼってりと腫れて見える一重の人は、周囲からいわれのない誤解を受けることもあります。「眠いの?」「ダルいの?」「仕事中なんだからしゃきっとしようよ」…本人としては意欲的に行動しているのに、表面的な印象でそんな非難をされると、たまったものではありません。容姿とは関係なく、誤解を避けるためにも整形を考えるべきでしょう。 整形手術は、今や女性だけの特権ではありません。美容クリニックを利用する男性も増えてきています。悩みを抱えて生きるのはやめて、少しだけ出費して、美しくなりませんか?