爪の手入れが幸運を招く?

多くの女性が、男性の手元、特に爪に注目しています。
たとえば、電車のつり革につかまっている手先がきれいだと、途端に好感を持つという女性は多いようです。

また、名刺交換の時に手先を見るという人は、男女問わず多いようです。
風水的には、手先や爪がきれいだと、良い運気がめぐってくるのだそうで、年長の実業家さんの中には、まずは手を見て、仕事を依頼するか否かを決める人も多いのだとか。

もちろん、爪に黒い垢がたまっているなど不潔なのは論外ですが、ただ清潔であるというだけでなく、ワンランク上の爪を目指すことで、良い仕事に恵まれる可能性もあるようです。

手間もかかり、つい後回しにしがちな爪の手入れですが、細かい部分をおろそかにしない姿勢が、運気を呼び込むのかもしれません。

どんなお手入れをすればよい?

いくらきれいな爪が良いとはいっても女性が「私よりきれい」と思うほど徹底的にやってしまっては、かえってイメージダウンとなります。

まずは、健康的で清潔感のある手先を目指しましょう。

セルフケアを行う場合、お風呂上がりがベストのタイミングです。お湯につかることで爪が柔らかくなり、お手入れが楽になるのです。

まずは、爪の長さと形を整えます。爪切りを使うと、爪が割れやすくなり、爪に負担がかかるため、爪やすりを使用するようにすると良いでしょう。
エメリーボードともいわれる爪やすりを使い、先端から削っていきます。
程よい長さに先端を削ったあと、サイドを削り、形を整えます。
爪を水平にして見たときに45度くらい傾けるのがコツです。
このとき、往復させると爪が痛みやすいので、一方向に動かします。

次に、バッファーといわれる爪磨きを使用し、爪の表面を削り、爪をぴかぴかに磨いていきます。

最後に、キューティクルオイルやハンドクリームを使い、爪と手先の乾燥、肌荒れを防ぎます。

ここまでの手入れをするだけでも、手先は見違えるようにきれいになります。
これは何も毎日行うわけではなく、爪やすりは2週に1度、バッファーは月に1度程度のお手入れで十分です。

ネイルサロンを体験してみる

最近では、男性専用のネイルサロンも登場し、男性でも爪を整える人は増えています。
女性のネイルサロンとは違い、男性のサロンでは爪の形を整え、清潔感ある自然なツヤを出す事を主にし、手入れをしてもらえるようです。

爪の形を整えるのは素人ではなかなか難しいため、一度はプロに整えてもらうと良いでしょう。
また、爪の根元にある甘皮の除去も爪の手入れには重要ですが、これもセルフケアでは面倒な部分です。

サロンを訪れる男性の多くは、営業など人と接することが多い職業、または管理職や経営者など、一定以上の収入を持つ人が多いのだとか。
爪をきれいにすると運気が上がるというのは、ある程度根拠がある話かもしれません。

サロンでは、爪の手入れだけでなく、ハンドマッサージを行ってくれるところも多く、また手入れ全体を通して痛みも全くなく、気持ちよくて眠ってしまうという人が大半のようです。

もちろん、それなりの料金はかかりますが、日頃の疲れを癒やし、女性の注目も集められ、さらに出世につながる可能性が高いとなれば、お金をかけて手入れするメリットは十分あるといえるでしょう。