「優しい人がモテる」はウソ!?女性の本音は別にあった!

女性に好みのタイプを尋ねると、決まって出てくる答えが「優しい人」です。しかし、これを言葉どおりにとらえ、とにかく優しい人になろう、と思うのは、少し考えものです。この言葉は、額面どおりではない、裏の意味が隠されているようです。

モテない優しさとは?

女性は、口では「優しい人が良い」と言いますが、残念ながら「優しいだけ」の人はモテにくいという事実があるのです。

たとえば、何をやっても怒らない人、決して「ダメ」と言わない人など、女性の言うままになるような人は、残念ながらモテないのです。
このような人間関係では、女性は恋愛関係のときめき、ドキドキする気持ちは持ちにくいのです。
これは、いわゆる「吊り橋効果」の逆で、安心感が一定のラインを超えると、面白みに欠けるため興味を失い、たとえ当初は好意を持って近づいたとしても、次第に心が離れてしまうのです。

また、どの女性にも同じように優しい人も、やはりモテにくいと言われます。女性は「私だけ特別」という優越感に弱いのです。誰にでも優しい人は、嫌われることも少ないのですが、特定の彼女ができる可能性もまた低いのです。

モテる優しさとは?

では、女性の「優しい人が良い」というのはウソなのか、といえば、決してそうではありません。ただし、女性が思う優しさは、男性の目線とは少し違うということなのです。
では、女性が男性に求める優しさとは、どのようなものなのでしょうか?

ポイントは、「特別扱い」「私を意識してくれている」と、女性が感じる優しさとなります。
たとえば、普段はそっけない人が、困っている時に全力でフォローしてくれる、などのシュチエーションに女性は弱いとされています。これは、「私にだけこんなに優しくしてくれた」「私が困っていることを、ちゃんと見ていてくれた」という、女性側から見れば最高の満足感を得られる行為です。
厳しい上司が、若い女性にモテるのは、この辺りのフォローがうまいためかもしれません。

また、高い所にあるものを取ってくれる、重いものを持ってくれるなど、さりげない手助けが出来る人もモテ度は高いようです。

優しさだけではやはりダメ?

しかし、いくら優しさが大切といっても、優しければどんな外見でも大丈夫、という訳ではないのが現実です。
女性は、まずは見た目で線引きをするという場合が多く、ここまでは許せるけど、これはアウト、などと、心の中で恋愛対象を選別するとされています。好みは女性1人1人違いますが、ライン上に残るためには、ある程度外見に注意を払うのは最低条件と言えます。

多くの女性が敬遠する外見としては、毛深さ、顔にある多数のニキビ跡、口臭、体臭、ぽっちゃりした手などが挙げられます。これらは、やや不潔な印象を相手に与えます。
これらの外見的特徴がある人は、まずはスタートラインに立つことが難しい為、恋愛のチャンスは少なくなる可能性が高いです。

最近では、男性でもエステや体質改善、美容整形などで、外見を改善する事も以前よりも容易になっています。お試し体験が出来るサロンも多くありますので、一度、相談してみると良いでしょう。

Copyright(c) 2017 メンズエステで自分改造 All Rights Reserved.