仕事やプライベートがスマートならばいくつになってもモテるもの!

メンズエステで素敵な外見を手に入れる、これはモテる男への第一歩に過ぎません。本当の意味で女ウケの良い男になるためには中身を鍛えあげることが必要です。仕事やプライベートでどのような態度をするべきなのか、具体的なポイントをご紹介いたします。

歳をとってもモテる男はモテる!

一昔前であれば、40代や50代くらいは中高年として若い女性から恋愛対象外と思われていがちでした。しかし最近は「ちょい悪」とか「ヤンジイ」といったオシャレでちょっと悪い雰囲気の中高年がカッコイイとされる風潮もでてきています。
実は、昔から渋いオジサマというのは女性人気が高く、いわゆる「ファザコン女性」には圧倒的な支持を受けていました。近年はマニアの世界だけではなく、やんちゃなオジサマとしてフェロモンを発している中高年は幅広く受けるようになってきているのです。歳をとっていたとしても、服装や髪型、体型などに気をつければいくらでもカッコよくなれます。メンズエステはそういう意味で、何歳になっても男をあげる駆け込み寺ということになります。

仕事のできる男になる

見た目だけでなく、中身もモテるためには大切ですよね。男の魅力の一つといえば「仕事」ではないでしょうか。実際に、オフィスラブの中心は中高年の上司と新入社員の女子というのが相場です。重要な業務をテキパキとこなしたり、的確な指示で部署を回したりするデキる男の姿に女性が惚れるのは当然のことでしょう。
具体的に、仕事ができる男というのはどういう人なのでしょうか。たとえば、問題解決能力の高さは重要なポイントです。仕事をしているようで、あれこれと溜め込んでしまう人は周りからみると「デキない男」といえます。逆に、遊んでいるようでも要領よく仕事をこなせている人は周囲からも頼りにされますし「デキる男」認定されることでしょう。
また、同僚や部下に対する気遣いができる人も会社では好かれます。他人のミスをさり気なくフォローしたり、忙しくしている人を労ったり手伝ったりできる中高年にキュンとする女性は少なくありません。仕事のデキる男になることはモテるための一つの近道といえるでしょう。

紳士的な態度が女心をキュンとさせる

中身といえばやはり他人との接し方も重要ですよね。先述した、仕事上で他人を思いやる気持ちというのも非常に良いアピールとなります。合コンやデートの際にもさりげないレディーファーストができる中高年に対して「シブくていい男」と思う女性は少なくありません。
また、紳士としてのエチケットを持っている人も女ウケが良いでしょう。上品で悪口なんて言わず、常に平常心で相手の話をしっかりと聞いてくれる。そんな落ち着いた雰囲気の男性に女性はグッとくるものなのです。紳士としてのエチケットを身につけて中身もカッコ良い男になりましょう!