そんな遺伝子はいらない…子孫繁栄の危機

不細工な男の子どもはいりません…女性がそう思うのは当然のこと。外見的に劣る子どもは、やはり悲惨な人生をたどることになります。結婚・子孫繁栄のためにもエステ通いは必須です。

「絶対にイケメンがいい!」女性が口を揃えて言う言葉です。外見にそこまでこだわらない、という人も少なくないでしょうが、わざわざブ男を選ぶ道理もありません。「そんな軽薄な女はこちらから願い下げだ」と憤激する男性もいるかもしれませんが、少し落ち着いて考えてみましょう。本当に彼女たちの言葉は、「軽薄」であり、表面的でしょうか?

ブ男の子ども!?

絶対イケメン主義の彼女たちの言葉の裏には、実に深い意味が隠されています。それは「子孫繁栄」への危機感です。たとえば、ブ男の子どもを産んだとしましょう。母親としては無条件で愛せる子どもかもしれませんが、社会はそこまで甘くありません。あなたがこれまで辿ってきた生活をなぞるように、子どももまた、悲惨な人生を送ることになります。

母親として、決して耐えられることではないでしょう。「絶対にイケメン!」という言葉には、そんな切実な思いもこめられています。決して「軽薄」と断じることはできません。

強いオスへの願望

女性とは、本能的に、強いオスを選んで子孫を繁栄しこうとする生物です。そして現代の「強さ」の基準とは、単純に男性としての力(体力・腕力)ではありません。複雑でシビアな社会をうまく生きるための、「器用さ」こそが求められています。

イケメンは、顔が良いというただ1つの理由だけで周囲にちやほやされ、能力とは関係なく、ある程度うまく世を渡っていけます。そんなしたたかなオスと付き合い、あるいは結婚して、子どもを産みたい、と思うのは女性として当然のことでしょう。

子どもへの母性

子どもには、なるべく有利な人生を送ってほしい…母親となる女性なら、誰もがそう思っているはずです。生まれてくる子どもに不利な思いしかさせないブ男との結婚は、彼女たちにとってはあり得ないこと。つまり「母性」が、あなたを女性から遠ざけているのかも。

子孫繁栄は、男性にとってもまたとても大切なことです。両親から、そろそろ孫の顔が見たい、とせっつかれている方も少なくないのではないでしょうか? 女性をうまくだまして結婚し、子をなしていくためにも、ブ男には自分改造が必要と言えるでしょう。

Copyright(c) 2017 メンズエステで自分改造 All Rights Reserved.