太いまゆ毛は時代錯誤?男性も掃いたような形にする時代!

女性でさえもまゆ毛は自分で手入れするのが普通と思っている方が多いですが、エステやサロンで行うのとでは出来映えのよさがまったく異なります。ましてや普段から化粧などに不慣れな男性なら、なおさらでしょう。

剃ったり抜いたりした跡のないまゆ毛は近くで見た時でも、とても美しく表情を引き立ててくれます。仲のいい女性と部屋で二人きりという状況になった時も完璧な顔でいられるよう、正しくまゆ毛を整えてみてはいかがでしょうか。

太いまゆ毛はもう古い?細く薄いものが人気!

ひと昔前は男性のまゆ毛と言えば太くきりっとしたものが、男らしくてかっこいいとされていました。しかし現在、脱毛をはじめ女性と同じように身体を手入れすることが求められる時代になり、かっこよさの基準も変化しています。

女性のような白くきれいな肌やすらりと長い足、鍛えられてはいるものの適度にやせている身体など、どちらかと言えば中性的な容姿が魅力的なようです。まゆ毛も同様に、筆で掃いたような細くやや薄めのものが好まれます。

もちろん自分でやってできないことはありませんが、エステなら身体同様ワックス脱毛などを用いて整えるので剃り跡が残りません。くわえて一度処理すると長い間形を保てますので、手入れする時間を減らすことにもつながります。

表情はまゆ毛で決まる!自分に合った形を見つけよう!

ただ、一口に整えると言っても様々な形があり、一番大事なのは自分の顔にあったまゆ毛にすることです。まゆ毛の形を考える時は、口や目などを観察しながら自分が真顔の時にどのように見えるかを知る必要があります。

例えば、たれ目だったり口が真一文字だったりする場合は、顔に引き締まった感じをだすために、まゆ毛の端をつり上げるようにするといいでしょう。逆につり目やへの字口など、きつい感じの場合は端を少し下げると優しく見えます。

今挙げたのは一例であり、他に鼻や顔の輪郭など全体を見て判断し、長さや眉根の間隔なども調整しなければなりません。つまり素人判断では危うい部分がありますので、エステで相談しながらやるのが無難でしょう。

全部ふくめて表情を作る!細かいところも気を抜かずに

まゆ毛と言うのは目に表情をつけるとても重要な部位です。形が少し変わっただけで、顔の印象が180度変わると言っても過言ではないほど、大きな影響を及ぼします。

他でどんなに工夫をしても、まゆ毛の形が悪いと意味がなく、かっこよく見えないということです。たかが毛を整えるのにお金を使うのはもったいなく感じるかもしれませんが、顔の善し悪しを決めることですので疎かにしてはなりません。

手を抜かずにすみからすみまで万全にして、はじめて「本当にかっこいい顔」が手に入ります。これから自分のものになる素晴らしい毎日への先行投資と割り切って、細かいところもきっちり仕上げるようにしましょう。

Copyright(c) 2017 メンズエステで自分改造 All Rights Reserved.